仮想通貨とゆとりのひとり。

仮想通貨とゆとりのひとり。

仮想通貨や、デジモノ情報などをゆとりがひとりで発信して参ります。。。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSや、オークションにみるプロダクト開発のアイデア「収穫逓増の法則」

follow us in feedly

スポンサードリンク

お疲れ様です。しどまです。

 

東京ってちょっと人多すぎません?

f:id:shidoma:20160529004726j:plain

今日はお休みだったので洗濯して、掃除して、駅前へ買い物に行きました。レトルト食品が散らばってるので、収納かごを買いに100均へ。すると、ずらぁぁぁ~~~っとレジにならぶ奥様方。ユニクロもずらぁぁぁ~~~っと。薬局もずらぁぁぁ~~~!!!あー、もう、うんざりです。。。

 

東京って人多すぎてつらくないですか?店があって、仕事があって、モノがあって、人が集まる。今回は、そんな収穫逓増の法則の話です。

・1個あれば何個も出来る

元気があれば何でも出来る、みたいですがちょっと違います。アイキャッチに使わせて頂いた葡萄、1本の木から何房も実が収穫できますよね。実には種がありますから、何十本もの木を育てることが出来る。そして、翌シーズンには何百房もの葡萄が収穫できます。

 

現実には無限に生産することは出来ませんが、元となる1本から繰り返し収穫することが出来ます。収穫がさらなる収穫を生み出していく、これが収穫逓増の法則です。

 

 

・人がいるところに人々は集まる

どの国でも大都市に仕事が集まり、人が集まります。消費者が多い街には、生産者も集まりますね。すると魅力的な製品やサービスが生まれる街となり、さらに消費者が集まる。これの繰り返しで街は無限に進化していくように思われます。

 

しかし、1つの街だけが特出して繁栄するということはありません。先行者の特色が街を作り、顧客のニーズによって大きくなる上限が決まっています。渋谷や原宿がファッションの街、秋葉原が電気の街といった具合です。

 

 

SNS・オークションはまさに収穫逓増

初めてSNSを使うときには、なんとなく周りのみんなが使っているから始めた。という方は多いのではないでしょうか。具体的なメリットを持ってSNSを使い始めた方は少数派です。

 

オークションも出品者が多い方が良い商品が出品されやすく、価格競争も起こりやすいです。購入する人も自然と集まってきますよね。すると、さらに出品者が集まる。

 

人が集まっていることを公表していく仕組みが重要なんでしょうね。

 

 

はてブホッテントリがバズるのもこの仕組み

もう説明は不要かもしれませんが、はてブをたくさん獲得できるとホッテントリに掲載され、バズります。一旦、バズるとさらにバズる。無限の彼方へ、さぁ行くぞ!って気分になりますよね。

 

 

・オリラジが再ブレークするのもこの仕組み

お笑い芸人のオリエンタルラジオをご存じですか?デビュー当時、武勇伝ネタで一世風靡しましたが天狗になってしまい、一時、芸能界を干されていた時期がありました。しかし、最近I'm perfect human.で再ブレークを集めました。

 

これも収穫逓増の仕組みを用いて、意図的にバズらせたことが分析されています。ネタ番組で急に歌いだし、出演者や視聴者がツッコミたくなる状況を作ります。思わずTwitterで「オリラジwwアホかwww」とツッコむと、テレビをみていない人もオリラジ何かしたのかと気になる。

 

巧妙にタイミングを見計らって、YOUTUBEに公式のMVをアップロードすると、今度はMVの完成度が高すぎという、ツッコみを生む。すると、MVの再生数が凄いとニュースで取り上げられるようになります。このサイクルで、テレビのネタ番組を見ている若いユーザーから、ネットのユーザーを経由して、ニュース番組しか見ない中年層のユーザーにまでI'm perfect human.を拡大させました。忘年会まで残るといいのですが。

 

この仕組みはプロダクト開発のアイデアとして非常に重要そうですね!

 

おわりに

自分が仕組みを生み出し、有効に活用出来れば良いのですが、消費者として誘導されていないか見直すことも重要です。

 

例えば、〇〇部門、第1位。なんていう広告に踊らされてはいませんか?それは製品のアピールというよりも、収穫逓増を狙ったマーケティングの側面が大きいでしょう。

 

ユーザー数〇万人突破!も同じことです。しかし、人が集まっていることを実感できるサービスでなければ、次のサイクルを生み出せず、頭打ちとなってしまいますから、このマーケティング手法は使えませんね。

 

利用の仕方には注意が必要そうです。

 

以上!

スポンサードリンク