仮想通貨とゆとりのひとり。

仮想通貨とゆとりのひとり。

仮想通貨投資で月5万の不労所得を得てゆとりある生活を目指すコアラでプギ〜!mona(モナーコイン)、XRP(リップル)、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)をメインで保有。ALISのICOに参加して資産は4倍に!

MENU
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

リップル(XRP)は1ドルを突破する?今なら資産が4倍超に。

スポンサードリンク

お疲れ様です。ゆとりのひとりです。

 

リップルは現在24円(9/12現在)ですね

f:id:shidoma:20170912204846p:plain

 

仮想通貨の中で時価総額4位に位置するリップル。熱烈なファンが多いアルトコインですよね。リップル信者の間では、年内に1ドル(約100円)を達成する!という熱い声もあります。

 

1XRP=100円になると、資産が4倍超!

まるで煽るような見出しになってしまいましたが、あくまでも1ドルになれば、の話です。でも、もう9月中旬です。残り3ヶ月で価格が4倍にも跳ねることはあるのでしょうか?

 

 

なんで1ドルなのか

Ripple社の共同創始者 クリスラーセン氏が「1XRP=1ドルを達成しなければ、事業失敗だ」と発言したことが起因のようです。

 

このことからTwitter上でよく見かける「勘違い」がこちらです。

 

・1ドル以上にはあがらない?

・目標額が、1ドル?

 ゴールが1ドルだと勘違いされている方が結構いますが、1ドルは「必達の最低ライン」です。1ドルで十分な価格なのかというと、「全く」足りません。Ripple社の事業成功には現在価格の100倍(24ドル)は必要でしょう。

 

その理由は後ほどご説明します。

 

 

・1ドルが基軸通貨として使いやすい?

 感覚はわからないでもないですが、仮想通貨は法定通貨(特に日本円)とは違い、小数点以下の単位で利用出来ますから、1XRPがいくらかは扱いやすさには影響がありません。

 

 

 

例えば、外国為替XRPを使うとすると

f:id:shidoma:20170912212147p:plain

外国為替市場 - Wikipedia

外国為替の取引額1位のイギリスでは、1日に「2兆4260億ドル(約242兆円!!)」の取引が行われています。私が参考として出しておきながら、ちょっと大きすぎる数字が出てきてしまったと思っています。

 

XRPの総発行量は1,000億XRPですから、「1XRP=24.26ドル」ほどの価格がなければ為替の取引を仲介することが出来ません。Ripple社があるアメリカでも「1兆2720億ドル」ですから、「1XRP=12.72ドル」はなければ足りません。

 

為替取引の全てをXRPが賄うわけではありませんが、1ドルでは全く足りない。最低でも1ドルはないと事業として成り立たない、という理由です。

 

 

2018年初から国際送金にXRPを利用する計画

www.nikkei.com

 

実際に国際送金でXRPが使われるようになるのは、2018年初と言われています。一部銀行で試験的に導入されるでしょうが、有効性が認められれば他行での導入も見込まれ、多額の国際送金に利用されるでしょう。

 

 

 

日韓の送金実験は年内に開始

www.nikkei.com

 

SBIリップルアジアでは日韓の送金実験を年内に開始します。いよいよ、リリースが見えてきています。

 

 

 

で、年内に1ドル達成するのか

個人的な感覚では、1ドル難しいかな、と思うのですが、仮想通貨の値動きは非常に激しいので、可能性は捨てきれないとも思います。

 

2018年初に実際に利用されるまで、半信半疑でしょうが、最初の送金が正常に完了したニュースが出た途端に上昇するとは考えています。2018年1月〜3月がチャンスですね。そのために年内に仕込んでおきたいところです。

 

 

 

リップルは国内取引所ではコインチェックで買えます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinhttps://coincheck.com/?c=n54pphOhsdQ

 

リップルは仮想通貨の国内取引所では現在(9/12)コインチェックで取り扱っています。

 

 

f:id:shidoma:20170912220354p:plain

その他、様々な種類のアルトコインも取引されていますので、おすすめです。

 

では!

スポンサードリンク